Read Article

指紋認証を超える!?androidの面白いロック解除方法

SmartLock
iPhoneとandroidの違いに関しては、相変わらず様々なところで熱い議論が交わされています。とは言っても二つのOSは徐々にお互いのいいところを取り入れ、差は徐々に埋まっていると言えますね。
その中でも残っている違いの中でiPhoneには指紋認証があるからiPhoneがいい!という方が多くいらっしゃるようです。

確かにandroidに関しては(機種によってはメーカーが独自で採用しているものもありますが)、OSの標準機能として指紋認証は持っていません。
指紋認証の標準対応は、AppleがOSとハードウェア、どちらも1社で提供しているが故にできるサービスで、端末を様々なメーカーが作成しているandroidがOS標準としてこちらに追いつくことは事実的に不可能とも言えます。

しかしながらそれで必ずしもandroidが劣っているかと言えばそうも言い切れず、androidにも特にOS5.0以降、Smart Lockというロック解除におけるユニークな機能が搭載、力を入れています。

今回はそれを紹介してみたいと思います。

androidの便利機能Smart Lockについて


設定方法(android5.0以上の端末)


まずは設定方法を確認しましょう。

設定アプリを開きセキュリティを選択
セキュリティ
そこからSmart Lockを選びます。
Smart Lock
すると、その端末で利用可能なSmart Lockの機能一覧が表示されます。
機能一覧

簡単に利用開始できることが分かるかと思います。
では一つずつ確認していきましょう。

信頼できるデバイス


これは主にスマートウォッチとの連携が意識されています。
例えば自身で保有しているスマートウォッチが近くにある場合(ペアリングが取れる位置にいる場合)は、端末を開く際にパスワードを聞かれない、といった使い方になります。

もちろん、自分の体(スマートウォッチ)から端末が離れると端末を開く際にパスワードを聞かれる仕組みになっていますので、安心と言えます。

本人が近くにいる場合はロックをかけず、本人が遠ざかればロックがかかる、という合理的な仕組みになっています。

欠点としては例えばカフェや自宅でトイレに行っている間など手元にはないがそれなりに近い場所でもロックがかからなくなってしまうことが挙げられます。
それでも便利な機能と言えますね。

信頼できる場所


これは名前の通り位置情報の機能を使い、この場所にある限りはロックを聞かずに端末を開くことができるという機能です。

主な用途としては例えば自宅にいる間はパスワードを聞かれない、といった使い方になるかと思います。
これもかなり便利な機能で、わざわざ家にいるのに毎回パスワードを入力する虚無感から解放されることが出来ます。

こちらに欠点があるとすれば、自宅に家族がいて、家族にも開けて欲しくない場合でしょうか。。これは独身の方に?お勧めといえる機能といえるかもしれません。

信頼できる音声


これは機能自体はだいぶ前からあったのですが長らく日本語に対応しておりませんでした。
しかしながら昨年冬にめでたく日本語対応をしましたので多くの方が利用できる状況にあります。

使い方としてはまずこの機能をONにし、自身の音声モデルを登録しておきます。セリフはもちろん「OK, Google」となります。
設定をしておけばロック画面で「OK, Google」と発声することでロックが無効化、そのままパスワードを入寮することなく端末を操作することが出来ます。

かなり近未来感があり、いつも持ち歩く自分の声で簡単にパスワード解除ができるのは魅力なのですが、、やはり恥ずかしいのが欠点ですね。
恥ずかしさを払拭すれば最強のロック解除方法かもしれません。

持ち運び検知機能


これも新しい発想のロック機能で、一度ロックを解除した後に持ち運んでいる
状態だとその持ち運んでいる間はロックがかからないという仕様になっています。物理的には加速度センサーを使って実現しているようです。

これが上手く設計されており、
一度ロックが解除され、その後端末が動き続けている=パスワードを知っている同じ人間(本人)が持ち続けているという前提で作られています。

具体的には自身でロックを解除し外出したとすると、その外出している間は再度パスワードを入力させられることはなくなります。
移動しながら店を調べて地図をみて、友達に連絡して、、などロック解除が煩わしいシーンはいつも外出中ですよね。このロック解除の仕組みはその煩わしさを解決することが出来ます。

逆に端末が置かれると(まったく動かない状態が続くと)次に端末を開く際にはパスワードを聞かれる仕組みです。

どちらかと言えば端末が置きっ放しの場合に自動でロックがかかるという表現の方が合っているのかもしれません。

このロックの欠点はやはり動いている途中で盗難にあえばロックのかかっていない状態で端末が取られてしまう、という点です。
また端末がどこかに置かれる間までは中の状態がすべて丸見えになってしまうリスクはあります。

最後に


いかがでしょうか。
android派の方でも知らなかった機能があるのではないでしょうか。
またiPhone派の人も少し試してみたくなるロック解除方法ではないですか?
このロック解除方法はGoogleの指紋認証への対抗として開発されたイメージが強いサービスです。これからも1社で独占してしまうのではなく、iPhone,androidで切磋琢磨してもらうのがandroid派にもiPhone派にとっても一番のメリットかもしれませんね。
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top