Read Article

極秘裏メニュー大公開!!アンドロイドの知られざる2つの裏メニュー!?

アンドロイド 裏メニュー
皆さんは、ご存じでしょうか??
アンドロイドには知られざる2つの裏メニューがある事を。

今回は、そんなアンドロイドの2つの裏メニューをご紹介させて頂きます!!

アンドロイドの裏メニューの入り方


さて、それではアンドロイドの裏メニューの入り方を
早速見て行きましょう。

アンドロイドの隠しコマンドと隠し操作


それでは、ここでアンドロイドの裏メニューへと入るための
隠しコマンドとその操作を解説して行きます。
手順その1
アンドロイドの電話発信画面を開いて下さい。
電話アイコン

手順その2
ここで裏メニューへのコマンドを打ちたいと思います。
いつも、アンドロイドで電話を掛ける要領で、「*#*#4636#*#*」と入力して
発信してみて下さい。
結果
すると、貴方のアンドロイドの画面には
見覚えのない画面が表示されていませんか?
アンドロイド 裏メニュー

そう、これが一つ目の裏メニューの正体なのです。

いざ裏メニューへ


裏メニューを探検してみよう


さて、それでは早速アンドロイドの裏メニューを探検して行きましょう。
 
今現在アンドロイドの裏メニューの画面には

  • 携帯電話情報
  • 電池情報
  • 使用統計情報
  • Wi-Fi information


と、表示されているかと思います。
これらを一つ一つ説明して行きたいと思います。

携帯電話情報


こちらの裏メニューには自身のアンドロイドの電話番号は勿論、他には主に

  • IPアドレス
  • ホスト名
  • HTTPクライアントテスト
  • 電波強度
  • GSMサービスの有無
  • ネットワークの種類


などなどが、確認できます。
今のアンドロイドの情報を確認するのには、便利ですね。

電池情報


こちらの裏メニューでは、アンドロイドの電池残量や、その稼働時間などの情報を見る事が出来まして、残りのアンドロイドの電池の残量等の詳しい状態が見たい時に非常に便利ですね。

主なメニューとしては

  • 電池残量
  • 蓄電池電圧
  • 電池温度
  • 電池技術
  • 電池の状態


などなどアンドロイドの詳しい電池情報が確認できます。

使用統計情報


こちらの裏メニューでは、自身のアンドロイドにおいてのアプリの使用回数
またはそれの使用時間などを、確認する事が出来ます。

そして、こちらの裏メニューの素晴らしいと点は
各アプリの使用回数並びに使用時間を見る事が出来るといった点です。

今ままで、自分がアプリをどのくらい使ってきたかといった事が
一目で分かるので、なかなか面白いと思います。

Wi-Fi information


こちらの裏メニューでは、自身のアンドロイドのWi-FiのAPKを直接実行できるらしいです。
ですが、中には実行する事によってアンドロイドに危険を及ぼす内容もあるみたいなので
もし、実行する時は必ず細心の注意を払った上で、自己責任で実行しましょう。


さて、アンドロイドの一つ目の裏メニューは如何でしたでしょうか?
次の項目では、こちらの裏メニューよりさらに奥が深く、より実践的な裏メニューをご紹介したいと思います。

さらに二つ目の裏メニュー




さて、この項目ではより、ディープなアンドロイドの裏メニューを紹介して行きたいと思います。


手順1
まずは、アンドロイドの設定を開きましょう。
アンドロイド 設定
次にシステムの項目の端末情報をタップしましょう
端末情報
 
タブレットの場合は、こちら端末情報タブレット情報となっておりますが裏メニューに入る事に支障はありませんのでご安心下さい。



手順2
この中にビルド番号という項目があると思います。
こちらを連続で7回タップします。
ビルド番号

すると、「デベロッパーになるまであと〇ステップです」といった怪しげなメッセージが表示されます。
ですが、ご安心下さい。何も問題ありません。


手順3
そして、7回連続でタップした後に「これでデベロッパーになりました!」と表示されれば
これでデベロッパーになりました!
見事、2つ目の裏メニュー突入です。
開発者向けオプション

さて、このアンドロイドの裏メニューでは何が出来るのかを
具体的に説明して行きたいと思いますので。


まず、主にどの様なメニューがあるのかを紹介して行きます。

  • トランジションアニメスケール
  • ウィンドウアニメスケール
  • GPUレンダリングを使用
  • タップを表示
  • ポインタの位置


などなど様々なメニューがある事が分かると思います。
そして、この裏メニューの事をデベロッパーメニューと呼びます。

さて、これらの機能を使うと何が出来るのかをご説明致します。

トランジションアニメスケール


こちらの裏メニューはアンドロイドのアニメーションスケールを変更する設定で、コンポーネント切り替え時のアニメーション速度を調整する事が出来てしまいます。

ウィンドウアニメスケール

 
こちらの裏メニューも上の項目と同じで、アンドロイドのアニメーションを設定する事ができまして、こちらはウィンドウのアニメーションを調整する事が出来てしまいます。

ポインタの位置


こちらの裏メニューは、画面上部に座標、加速度、圧力値、サイズなどなど画面にタッチした時の詳細を詳しく表示してくれます。
さらに、それだけではなく、自身が画面にタッチした軌跡をオーバーレイ表示として画面に表示してくれます。

タップを表示する


こちらの裏メニューは自身のディスプレイにタッチした軌跡を表示してくれます。
画面録画アプリと併用する事によって、アンドロイドだけで説明動画やプレゼンテーション動画など作成したりといった“開発目的以外”の使い方も出来ると思います。

GPUレンダリングを使用


こちらの裏メニューは、論理的な話を持ち出すと訳が分からなくなると思いますのでアンドロイドのメモリ軽減につながる可能性があるとだけ覚えておきましょう。
要するには、この設定をONにする事でアンドロイドの動作が早くなる可能性があるという事です。


さて、如何でしたでしょうか?
この項目で紹介した、アンドロイドの裏メニューはディープで専門的でしたが非常に魅力的な内容だったと思います。
ですが、やはり間違った操作を行ってしますとアンドロイドに危険を及ぼすものもあるためデベロッパーモードを操作する時は注意が必要です。

さて、それでは最後にまとめを見てみましょう。

まとめ


アンドロイドには、知られざる裏メニューが存在する事が分かって頂けたと思います。
また、アンドロイドの魅力は使い勝手が良い事だと思っております。

そして、今回紹介した裏メニューはそんな使い勝手が良いアンドロイドの、もっと更に細かい所を自由にカスタマイズできる、非常に有意義で、これからのアンドロイドの可能性が大きく詰まっていましたね。

この、記事を読んで下さった皆様にアンドロイドの良さが伝わって頂ければ嬉しい限りです。

それでは、最後まで読んだ頂きありがとうございました。
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top