Read Article

android端末の簡単なバックアップ方法

android バックアップ
スマートフォンのバックアップ、皆様は取っていますか?
無くすことなんてない!という方もいらっしゃると思いますが、どんなに気をつけていても故障は予期せぬタイミングで訪れます。又、機種変更等で、端末を買取や下取りに出す前にもバックアップは必要となります。

しかしながら自由度の高いandroid端末ではバックアップ方法も様々です。
本記事にて紹介致しますので是非ご参考にしてみてください。

OS標準のバックアップ機能


まずはこちらの紹介から。androidでもOS標準のバックアップ機能があります。
イメージ的にはiCloudと同じようなものとお考え頂ければいいかと思います。

メリットとしては、端末だけで簡単に設定、取り出しができること、
デメリットとしては、あくまでグーグルのアカウントに紐づくデータしかバックアップが出来ないところ、
となります。

具体的には、Gmail設定、Googleカレンダーの設定、Googleアカウトにバックアップした写真、GooglePlayからインストールしたアプリ(これもあくまでインストールされているアプリのリスト、となりますのでアプリの中のデータまではバックアップされません)、WiFiパスワード、アドレス帳情報、などとなります。

ポイントとしてはあらかじめ写真データをGoogleのアカウントにバックアップしておくことかと思います。

バックアップの方法



  1. 設定アプリ→バックアップとリセットを選択
  2. バックアップ
  3. “データのバックアップ “をONにしておきます。
  4. データのバックアップ
    加えて、一応、標準でONにされていることが少ない写真に関してはバックアップを確認しておきましょう。
  5. “フォト”アプリを開き、設定を選択
  6. フォトアプリ
  7. “バックアップと同期”を選択

  8. (ここで既にバックアップされていればGoogleのアカウント情報が下に表示されています)
    バックアップと同期
  9. バックアップがONになっていなければここでONにしておきます。
  10. バックアップをオン

またここの画面では写真のバックアップに関して、Wi-Fi経由でのみアップする、充電中のみアップする、などデータ通信容量や、バッテリーを気遣う設定も標準で行うことが出来ます。

復元の方法


復元の方法は非常に簡単で、初期化状態のandroid機の初期設定でバックアップを行っていたGoogleアカウントを設定するだけで、自動で同期が始まります。

バックアップアプリを使ったバックアップ


OS標準とは別に、android向けの様々なバックアップアプリが存在します。
その殆どはPCとケーブルで繋いでバックアップデータをPCに保存する、というiOSでいうところのiTunesを使ったバックアップのようなイメージになっています。

種類としては様々なものが出ておりひと纏めにはし辛いところではあるのですが、概ね以下のメリットとデメリットは共通しています。

メリット
Googleアカウントに紐付かない端末内部のデータまでバックアップできる。


デメリット
PCを介する必要があるために手間がかかる。端末メーカーが用意しているバックアップアプリの中にはその特定メーカーでしか復元出来ないものもある。


端末の中に音楽データや自炊したPDFデータなどを多く取り込んでいる場合などはこちらの方が楽かもしれません。

最後に


いかがでしょうか。
個人的にはOS標準のバックアップが簡単でお勧めです。
まだバックアップを取っていない方は端末だけで完結するこちらから試してみてはいかがでしょう。
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top