Read Article

Android7.0 Nougat(ヌガー)リリース前の噂まとめ

Android7.0 Nougat

iOS10の噂も出始めている中、Android陣営もバージョンアップが続きます。
以前、Android6.0 “Marshmallow (マシュマロ)”の機能については『使えるAndroid6.0の新機能5選』で紹介しましたが、スマホ業界の進化は早いもので、早くもandroid7.0の開発者プレビュー版が開示され始めてきています。


そこで今回は正式リリース前のAndroid7.0の機能を紹介していきます。
次は何の機種にしようかなーなんてお考えの方、常に新しい情報を知っておきたい方など、是非ご覧になって下さい。


Android7 Nougat(ヌガー)について


コードネーム


アルファベットの順番で毎回お菓子の名前がついてくるandoridのコードネーム。


  • Android3 :J, Jelly Beans

  • Android4 :K, KitKat

  • Android5 :L, Lollipop

  • Android6 :M, Marshmallow

と最近は続いていました。


Android7となる今回は”N”となりますので様々な憶測が流れていましたが、
Nougat(ヌガー)であることが発表されました。
日本人には馴染みがないですが、調べているとフランスでは代表的なお菓子のようですね。
覚えやすくて親しみもわくのでこういったGoogle的なユーザーを楽しませる仕組みは今後も続けて欲しいと思います。


では肝心の機能を見ていきましょう。


マルチウィンドウ


Android7ではマルチウィンドウが標準で提供される予定です。
画面の大きな端末で大きなメリットになってきますね。ブラウザを見ながらメール、動画を見ながらブラウジング、電卓を開きながら書類作成、などビジネスにもふだん使いにも用途は様々です。


データセーバー


Android6ではバッテリーセーバーの機能がつきました。Android7ではデータセーバーの機能が搭載される見込みです(ちなみにバッテリーセーバーもパワーアップしてくるようです)。


これによりバックグラウンドでの通信(アプリを立ち上げていなくても更新の確認などでデータ通信を行いに行く動作)が遮断される他、フォアグラウンド(実際に動かしているアプリでの通信)のデータ容量も節約することができるようになります。
もともと、Chromeのブラウザなど個別でもっていた機能をOSレベルでの実装に拡張するイメージでしょうか。


最近は大手キャリアも格安SIMもデータ容量によって値段を変えている契約が殆どとなりますので、利用者にとってとても嬉しい機能になってくると言えます。


ナイトモードの搭載


iOSではNight Shiftとして提供されている機能のandroid版と言えます。
手動でON,OFFできるだけでなく、時間や場所を決めて、特定の時間になった場合、特定の場所に来た場合、など指定で自動起動させることが可能になります。


いまプレビュー版を使うには


Nexusを中心とした特定の端末に対し、ダウンロードしOTAアップデートする必要がありますので、ちょっとハードルは高いです。
またアップデートの際にデータはすべて消えますので、開発者の方意外にはオススメできません。
これは素直にご自身の端末にアップデートが来ることを待つか、新しい端末の購入によって利用できると考えた方が良いかと思います。


最後に


いかがでしょうか、そもそも現時点でもプレビュー版でもAndroid6より動きが滑らかになったとの報告もあります。Androidユーザーの皆様は楽しみに待ちましょう!



URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top