Read Article

徹底調査!アンドロイドのタブレットとその売れ筋ランキング

アンドロイドタブレット
Androidユーザーならば、タブレットを持っている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなアンドロイドユーザーに大人気なタブレットの売れ筋をランキング化しました!
尚、こちらの記事で紹介するランキングは2016年3月版となります。
では、早速みていきましょう!

第三位!!NEXUS 9


nexus9
やはり、ランキング形式とするとAndroidタブレットの王道であるNEXUSは外す事はできません。
さて、こちらのNEXUS 9 のスペックを早速見ていきたいと思います。

  • OS
  • Android 5.0
  • 寸法・重量
  • 228.25mm×153.68mm×7.95mm / 436g(LTE)
  • RAM
  • 2GB
  • ROM
  • 16GB、32GB
  • ディスプレイ
  • 8.9インチTFT 2048x1536 288ppi
  • ワイヤレス
  • IEEE802.11ac 2×2(MIMO) Bluetooth 4.1
  • センサ
  • GPS、周囲光センサ、加速度計、ジャイロスコープ、磁力計、NFC
  • 対応周波数
  • LTEバンド 1/2/3/4/5/7/8/20 WCDMA 1/2/4/5/8

スペックを見ても分かる通りどのスペックも平均的に高く、非常に安定したマシンと言えるのではないでしょうか。
ただ、一つ残念なのが、メモリに関しては、今のタブレットでしたら3GBは欲しい所です。
ですが、無線LANに関しても最新の物に対応していますし、見た目も結構がっしりとしていて耐久性も抜群です。

また、ネクサスは動作自体も凄く安定していますので、ハイエンド機能にこだわらない方は、動作&耐久性共に安定したネクサスタブレットを選択しても間違いないと思います。

さて、続いて第二位に移りたいと思います。

第二位!!HUAWEI MediaPad m2 8.0


HUAWEI MediaPad m2 8.0
さて、こちらのファーウェイのアンドロイドタブレット「MEDIA PAD 」のMシリーズは、音楽や映像などのコンテンツをより楽しむことが出来るようコンセプトされています。

では、まずはその詳細スペックを解説しながら見ていきたいと思います。

まず、最初に気になるのがCPUこちらは2GHz+1.5GHz動作のオクタコアCPUの「Hisilicon Kirin 930」を搭載。
4コア+省電力4コアの組み合わせでCPUパワーと省電力性を両立させる事を実現。

ディスプレイは8型のWUXGA液晶(1200x1920ドット)を採用。
バッテリーも大容量の4800mAhでOSは最新のアンドロイド5.1。
無線LANも安定の高速通信可能であるIEEE802.11acに対応しています。


如何でしたでしょうか
CPUの組み合わせやバッテリーの大容量な部分からみても、非常に安定した高スペックマシンという事が言えると思います。


そして、このHUAWEI MediaPad m2 8.0 なんといってもスピーカーが物凄く高性能なものになります。

こちらの、HUAWEI MediaPad m2 8.0のサウンドのチューニングは世界的に非常に有名なオーディオブランドである米ハーマン社ハーマンカードンが担当した事でも有名です。
harman kardon

また、その事が分かるように本体の裏側には“ハーマンカードン”の刻印が施されています。

これは、音楽好きにはたまらないと思います。

そして、彼等はただチューニングを施しただけでなく、彼らが織りなす独自の音響技術の結晶がこのMediaPad M2には投入されています。

具体的なその音響技術の一つとして、同社が開発した圧縮音源復元テクノロジーである「クラリファイ」が最も見どころでしょう。

クラリファイとは非可逆圧縮の際に失った情報をデジタル処理で補充する事によって、音楽データ本来の美しさを細部に渡って復元する事によりMP3等であってもCD並みのクオリティーで聞く事を可能にした、まさにハイテクノロジーの結晶ともいえる技術となります。

更にこちらは単に高音域や低音域を補完するだけではなく、ボーカルの質感やステレオ感等をきめ細かに復元する事が可能でして、音楽好きの人なら、間違いなくお勧めできるタブレットとなっております。

また、液晶の方もコントラスト比1000:1となっており、鮮明かつ自然な発色が特徴で、電子書籍などを読んでいても目が疲れないようになっております。

ですので、このMediaPad M2一つで、クラシックを聴きながら小説を読むなど、様々な魅力的な使い方が出来るたくさんの楽しさが詰まった、非常にハイクオリティなタブレットしておススメです。

さて、続いては第一位!!

第一位!!ASUS ZenPad S 8.0


ASUS ZenPad S 8.0
堂々の第一位ですね。
では、数ある中で何故、ASUS ZENPAD S 8.0が一位なのかをご説明させて頂きます。

まず、こちらのASUS ZENPAD S 8.0 はZENPADシリーズの最上位モデルに位置づけされている製品ですが、まずは、そのスペックをみていきましょう。

  • サイズ
  • 幅約134.5mm×高さ約203.2mm×奥行き約6.6mm
  • 重さ
  • 約129g
  • バッテリー容量
  • 4,000mAh
  • ディスプレイ
  • 約7.9インチQXGA(2,048×1,536)ディスプレイ for mobile
  • OS
  • Android™5.0 Lollipop
  • プロセッサ
  • Intel® Atom™プロセッサ 2.33GHz/1.83GHz
  • メモリ
  • RAM:4GB/2GB ROM:32GB/16GB
  • カメラ
  • アウトカメラ:約800万画素 インカメラ:約500万画素
  • 無線LAN
  • IEEE802.11a/b/g/n/ac
  • 外部メモリ最大対応容量
  • microSD 2GB/micorSDHC 32GB/microSDXC 128GB
  • その他
  • USB Type-C、DTS-HD Premium Soundなど


如何でしょうか。
このスペックを見ても分かる通り、こちらのASUS ZENPAD S 8.0
一番の魅力は、そのハイエンドな性能に魅力があるのでは、ないでしょうか。  


まず、注目して頂きたいのは大容量RAMその搭載要領はなんと驚きの4GB!!                             
近年スマートフォンやアンドロイドタブレットなどでも、2Dや3Dを駆使したゲームはしかり、2Kや4Kのような高解像動画などのコンテンツが増えている中、やはり、時代と共に求められるのはこちらのASUS ZENPAD S 8.0のようにハイエンドスペックを搭載したモンスターマシンだという事が言えるでしょう。

しかしながら、このハイエンドスペックだけがこちらのASUS ZENPAD S 8.0が一位の理由ではありません。

アスペクト比4.3のフルHD超も魅力の一つ!!

アスペクト比4.3、つまり普通の一般的なタブレットと比べて横の表示領域がかなり広いです。
この点から、非常に便利だと思えるのが電子書籍ですよね。
電子書籍に関しましては、ほぼ全画面にページが表示され、物凄く読みやすいと評判でございます。


そして、更には液晶の解像度は驚きの2,048x1,536ドットなっておりまして、その解像度はフルHDのおよそ2倍の解像度を誇っておりますので、つまりは、ほぼ2Kという事になります。
ですので、高解像度コンテンツやハイグラフィックゲーム等をより鮮明な画質で視聴したり、プレイできたりするのではないかと思います。


如何でしたでしょうか?
Androidタブレットは、数えきれないぐらい存在しますが、その中でも群を抜いてお勧めできるのは間違いなくこちらのハイエンドタブレットASUS ZENPAD S 8.0だと言えるでしょう。

まとめ


さて、今回は3つのタブレットをランキング形式しましたけど、それぞれに合った魅力があると思いますので、是非とも、間違えることのないタブレット選びをして頂き、ご自身の希望に沿ったタブレットに出会える事を願っております。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top